TAKEO ORTHODONTIC OFFICE  たけお矯正歯科


  ご予約・ご相談は

  Tel: 0982-21-5171

当医院のご紹介診療時間案内/アクセス矯正治療をお考えの方へ矯正治療についてお問い合わせ
矯正治療をお考えの方へ -Q&A-
flower6


Q1. なぜ矯正治療が必要なのでしょう? Q6. 治療中は、むし歯が出来やすくなる?
Q2. いつから始めるとよいでしょう? Q7. 矯正装置には慣れられるかな?
Q3. カウンセリング(最初のご相談)の内容は? Q8. 矯正中は痛いですか?
Q4. 大人でも、治療出来ますか? Q9. 治療は長くかかりそうなので、ずっと通えるか不安です。
Q5. 矯正装置を付ける、ということは……? Q10. 矯正って、治療に通うだけでは治らないのですか?


Q1. なぜ矯正治療が必要なのでしょう?

A1.
  • 歯がきれいに並んでいると、お掃除しやすいため、むし歯や歯肉炎になりにくくなります。
  • 歯肉炎は歯周病の始まり。歯並びを良くして歯周病を食い止められれば年をとっても良く噛めます。
  • きれいに歯が並んでいる顎は、食べる時の動きもスムーズで、顎関節に負担がかかりにくくなります。
  • お口の周りの筋肉のバランスが良くなり、横顔や笑顔、話し方が美しくなります。
  • 自分に自信が出来、人生に積極的になれます。
  • 歯並びは、姿勢などの体の軸にも関係しているので、より健康になります。




Q2. いつから始めるとよいでしょう?

A2.

ご本人又は保護者の方が、歯並びの気になるところを見つけたときが、矯正のためのカウンセリングを受ける時期です。

“早すぎる治療“はありえますが、カウンセリングに“早すぎる”ということはありません。指しゃぶりや頬杖などの日常の悪習癖は、歯ならびやお顔の形に日々悪い影響を及ぼしていますので、早く見つけて取り除いてあげることが必要ですし、骨格が成長不良の場合には、早期の治療が効果的です。

将来の予想をたてて、いつから始めたらよいか、今出来ることは何かを知っていただくことは大切なことです。





Q3. カウンセリング(最初のご相談)の内容は?

A3.
今あなたが気になっておられることは、どんなことでしょうか?

今永久歯が生えている途中だけれど、これからどんな歯並びになっていくのか?

検診で歯並びに問題があると言われたけれど、このまま放って置いたら将来どうなるのかしら?

歯が出ていてお口が閉じにくい。

八重歯に引っかかってお口が閉じにくい。

歯を抜いたところの隙間がそのままになっている。

歯が重なっていて磨きにくい。

顎がズレている気がする。最近顎がガクガクするのだけれど・・・??

歯周病を心配せずに、ずっと美味しく食べたいけれど・・・。

お顔が曲がって見えるのは、歯並びの問題なのかな??

笑うのが恥ずかしい。

口元に自信が無い・・・。

・・・こういったご心配は、あなたから、毎日の元気を奪ってしまいます。

治療はどんなことをするのか、どんな装置を使うのか、など何でもお話しにいらしてください。

また開始するには治療を受けるご本人の気持ちがとても大切です。両親に勧められたから仕方なく・・・と治療を始めた子供さんが居たとしたら、治療もスムーズに進まず、何よりも楽しくない治療になってしまうでしょう。

気になっていることはまず情報集めをして、いろんな方法があるのだということを分かって安心して頂きたいと思います。治療を受けるかどうかはそれからお決め頂ければ良いのです。

お気軽に、ご家族の方の場合はおそろいでワイワイお越しいただければ、カウンセリング後もお家で話がまとまりやすいのではないでしょうか?





Q4. 大人でも、治療出来ますか?

A4.

もちろん、出来ます。年齢的に手遅れ、ということはありません。

しかし大人の場合は、歯周病でお口の状態が不良だったりすると、矯正治療前に歯周病の治療が必要になります。むし歯を治し、歯肉の炎症をおさえ、歯石除去をすることは最低限必要ですが、これはお子様にも当てはまることですね。健康な状態でしたら基本的に治療内容は同じですが、年齢を重ねるほど歯を動かせる量がやや少なくなってきます。骨格に関しても、大人の場合は成長が止まっていますので、顎を大きくしたり成長を促したり、といったことはあまり出来ませんが、現在の骨格の中で並べていくという治療になります。

それでも歯並びが変わると見違えるようにきれいになりますし、ぐっと口元がひきしまってアンチエイジング効果が期待できたりもします。歯周病予防にもなりますので、より健康になるでしょう。

骨格的に大きな問題がある場合や、たくさん動かしたい場合は、外科手術を利用した外科矯正や、インプラント矯正を行なって、より大きな効果を上げられるような治療をお勧めすることもあります。





Q5. 矯正装置を付ける、ということは・・・?

A5.

小学生くらいまでの、小さなお子様の場合・・・成長誘導的な、一段階目の矯正の時期です。

正常な範囲から外れてしまった顎の位置や成長、日常の悪習癖などは早期の治療が効果的です。装置は、お友達の目に触れない、お家でだけで使うタイプも多いのでゆっくり慣れられるでしょう。装置が他の人の目に触れるタイプの場合も、恥ずかしがらずお友達にも見せてあげたりして、元気に過ごして欲しいな!と思っています。矯正治療を一緒に楽しみましょう!おうちの方もどうぞ応援してあげてくださいね。
    
お小さい時期には、新しく付けた装置にもすぐに慣れられます。歯磨きや装置の管理は、周りの方のご協力が大切です。早くから治療を始めると骨格の改善効果も出易いので、そのまま成長してしまうより、ずっときれいに早く治ります。永久歯が生えそろったら、二段階目の矯正:仕上げの矯正をします。


中学生〜大人の方の場合・・・永久歯が生えそろってからの本格的矯正!

この時期に主に使う装置は、“マルチブラケット”とか、“ブレイス”と呼ばれている針金の装置です。

成長期のお子様の場合は、この装置と成長を利用することで、すばらしい効果を得ることができます。

大人の場合は成長が止まっていますので、歯だけを動かす治療になる場合が多くなりますが、歯がきれいに並ぶだけでも笑顔の好感度は上がりますし、話し方や唇、横顔の感じもより美しく整います。中高年の方もご希望やお口の状態に合わせて治療は可能です。歯周病の管理をしながら行います。

骨格的な問題がある場合にはインプラント矯正や手術を併用して治療すると、劇的に治療効果が上がりますのでお薦めすることがあります。

装置は他人から見えるものですので、ちょっと決心が必要かも知れません。ほっぺにポツンとニキビなどが出来ても気になる時期ってあると思います。針金の装置はなおさら・・かな?学校・部活動もしくはお仕事で忙しいし、お友達の評判も気になるかもしれません。大人の場合、仕事との兼ね合いを考えなければならない場合もあるかもしれませんね・・・。

しかし、装置を付けている2〜3年間は、長い人生の中のほんの一時です。きっと”歯並びを直そうかな、どうしようかな“と悩んでいる間に過ぎ去ってしまうでしょう。お友達は、忙しい毎日の中で矯正までがんばっていることを応援してくれるでしょう。きれいになっていくあなたを、うらやましいと思うかもしれません。お仕事の場でも、健康と積極的な人生のために頑張っている姿が、より強い信頼感に結びついている方がたくさんいらっしゃいます。

悩んでいる消極的な自分でいるより思い切って頑張った方が、早くステキなアナタに出会えますよ!    
    
治療途中で結婚式が決まった場合にはお式直前に装置をお外しし、その後また治療を再開します。矯正治療中の妊娠・出産は全く差し支えありません。(妊娠期間に抜歯や手術が重ならないようにすることは必要です。)





Q6. 治療中は、むし歯が出来やすくなる?

A6.

装置を歯に付けると、汚れやすくなったり、むし歯や歯肉炎になり易くなったりすることがあります。

そのため当院では装置装着前に、“むし歯になりやすい素質をどれくらい持っているか?”の検査・・「サリバテスト」をして、アドバイスをしています。むし歯や歯肉炎がひどくなると、矯正治療が出来なくなることがあるので要注意!!歯ブラシの交換も、装置装着中は早めにお願いしています。キシリトール(100%使用のガムなど)やフッ素の使用を習慣づけるのも大変有効です。

ご来院の度に衛生士がブラッシングのお手伝いをいたしますのでご安心ください。当院であなたのお口に使用しますハブラシは、専用の“置きハブラシ”をご用意いたします。

あなたのかかりつけの歯医者さんがいらっしゃる場合は、いつも連絡を取り合いながら、お口の管理をさせて頂きたいと思っております。





Q7. 矯正装置には慣れられるかな?

A7.

装置は始め違和感があります。話しにくかったり、お食事しづらい時があるかもしれませんが、たいてい3〜4日間で慣れられます。あわてず、何か楽しいことで気分転換でもしながら、ゆっくり装置に慣れてください。きっと大丈夫ですよ。

取り外し式の装置は、少しずつ付けられる時間を多くしていきましょう。

取り外しできない装置は早く“受け入れる”ことが出来るように、と願っておりますが、お口の粘膜も少しずつ強くなっていきますし、こすれて痛い時は、「リリーフワックス」という粘土のようなもので、装置自体をカバーするように貼り付けて頂いています。そうしているうちにいつの間にか装置も“身体の一部"のような感覚になって来ます。





Q8. 矯正中は痛いですか?

A8.

痛みの感じ方は人それぞれですので、同じ力がかかっても、なんとも無い方、異和感程度で済む方、痛み止めのお薬を飲む方などいろいろです。

マルチブラケット装置という針金で歯を動かす装置は、ご来院後3日間位痛みを感じる方が多いようですが、その他の装置はほとんど大丈夫だと思います。 気になられる場合は、ご来院予定日が、試験・ご旅行などの直前にならない様にお気をつけ下さい。




Q9. 治療は長くかかりそうなので、ずっと通えるか不安です。

A9.

矯正治療は、確かに一般的な歯科治療よりも長いご通院かも知れません。

ですが、”クイック矯正”とか、”すぐにきれいになる”等のキャッチコピーは、ご自分の歯を並べる純粋な意味での矯正治療でなく、歯を削ったりかぶせたりする治療が含まれていることが多いと思われます。

長期間かかってズレてきた歯並びですから、短期間でパッと治そうとすると、歯や歯周組織、もしくは顎関節や身体全体にまで過剰な負荷がかかってしまうこともあるのです。

治療期間はケースバイケースですが、あなたが大人の方でしたら、治療期間はだいたい2〜3年位のことが多いと思います。きっと今まで悩んできた年月に比べるとずっと短いのではないでしょうか?

治療を受けるのがお子様だったら、忙しい保護者の方にとって、これからの通院期間は長いと感じるかも知れませんが、お子様と向き合う大切なお時間になるとも思えます。他にご姉妹ご兄弟がいらしても、治療を受けるお子様のことだけを考えて連れていらっしゃるお時間・・・。わずかなことかもしれませんが、目標を持って通って頂くお時間が楽しい語らいの時間となりますように・・・、そして頑張って通って頂いた日々が、”やり遂げた自信”につながっていきますように・・・と願っております。




Q10. 矯正って、治療に通うだけでは治らないのですか?

A10.

忙しいから、となかなかご来院頂けなかったとしたら、治療はあまり進みません。何はともあれ、予定どうりに治療にお見えになってくださいね。お待ちいたしております。

また、帽子をかぶったり、お口の中にゴムをかけたり・・・、努力していただくと治療も早くなり、治療結果を何倍もアップしてくれる力強い味方もあるのです!是非ご協力頂きたいと思います。

すべての皆様が、予定よりも早く、よりきれいに終わったら良いなぁ、と心から思っています。



 


プライバシーポリシー  (c) Takeo dental orthodotic clinic all rights reserved.